【狙え一攫千金!】世界の未確認生物を捕獲したら大金もらえるらしい。

  • LINEで送る

世界にはたくさんの未確認生物がいると言われています。その中のただ一匹でも捕らえることが出来れば、一攫千金も夢ではありません!今回はたくさんいる未確認生物の中でも有名で発見出来る確率が高そうな未確認生物を紹介していきます!


スポンサーリンク



 

1、ツチノコ

言わずとしれと未確認生物の中でもダントツ有名なのがこのツチノコです。

ツチノコは日本で目撃されるヘビのような姿をした未確認生物です。

その胴体は筒のように太く、驚異的なジャンプ力を持っているといわれています。

ツチノコの正体はペットとして飼われていた外国産のヘビが野生化したものという説が有力なのですが、

それだけでは説明が付かない点もあり現在で多額の懸賞金がかけられています。

 

2、河童

河童は日本の昔話でもよく出てくる日本の妖怪です。

古くから目撃報告があることから未確認生物ではないかとも考えられています。

河童の正体は水死体ではないかとする説があります

水死体があがった危険な河原で子どもを遊ばせないために生まれた未確認生物だといわれています。

しかし、陸に上がって河原を歩く河童も目撃されており、すべてを水死体説で説明できるかは疑問です。

 

3、ビックフット

雪山で目撃されるのが多いのがこの未確認生物です。

ビッグフットは非常に巨大で、体長が3メートルもあることから

絶滅したギガントピテクスの生き残りではないかと噂されています。

ビッグフットは多くの写真が撮影され、銃殺したとの証言もありましたが

そのほとんどが着ぐるみを使ったねつ造でしたので

本物はまだ捕らえられていません。

 


スポンサーリンク




4、ネッシー

これも世界的に超有名な未確認生物ですね。

大規模な調査が何度も行われており、周辺の住民からも多くの目撃情報がよせられています。

外科医が撮ったとされていた非常に有名なネッシーの写真がねつ造と判明して以来

すっかりその存在は幻となってしまいました。

しかし、未だに近隣ではネッシーと思われる謎の巨大生物が目撃されているといいます。

 

5、イエティ

イエティはヒマラヤ山脈で目撃される大型の類人猿のような姿をした未確認生物です。

全身が長い毛で覆われており二足歩行をする姿が目撃されています。

未確認生物の中でも世界的にも人気があります。

イエティの正体は未確認生物とする説以外にも

視界の悪い雪山でクマやアカゲザルを誤認したとする説が有力とされています。

 

 

 

いかがでしょうか?

有名な未確認生物を紹介していきました。

一体でも捕まえてあなたも億万長者になりましょう!

 


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る