【体罰】教師が生徒にデブと罵り顔面を殴る【なぜ?】

今年の9月に横須賀の中学校の技術教師が生徒に対して「デブ」と罵り、最後には顔を殴るという体罰があったことがわかりました。なぜそのような恐ろしいことになったのでしょうか


スポンサーリンク




事件の詳細

奈川県横須賀市の市立中学校で9月、技術科の20代の男性教諭が授業中に2年生の男子生徒(14)を殴り、「デブ」と暴言を浴びせていたことが学校などへの取材でわかった。市教育委員会は体罰として県教委に報告し、有識者らでつくる専門委員会が調査している。

学校によると、男性教諭は9月15日午前、技術科の授業の際、男子生徒がパソコンに書いた文字を指示通りに消さなかったため口論となり、生徒に向かって「うるせー、デブ」と連呼。その後もみ合いとなり、生徒の頭を机に押さえつけたり、拳で顔を2回殴ったりしたという。

学校が居合わせた生徒から聞き取ったところ、「教諭が生徒の上半身を机の上に仰向けに押さえつけ、腹を3回、顔を2~3回殴った」という証言もあった。

生徒の両親によると、生徒は鼻血を出し、前頭部を打撲。生徒は以前にも教諭ともみ合いになるトラブルがあったという。両親は「体罰は許せない。頭を打撲しているのにすぐに病院に連れて行かず、保護者への連絡もなかった」と話す。

学校は生徒と保護者に謝罪。校長は「体罰はあってはならないこと。不適切な言動があり、教諭本人には指導した」と話す。教諭は学校の聞き取りに「髪の毛をつかまれるなどし、身の危険を感じたので殴った」と説明したという。

 

なぜこのようなことが起きたのか

上記の通り、この生徒は普段から教師ともみ合いをしていたということから

いわゆる「問題児」だったのでしょう。

記事によると髪の毛をつかまれたりと、

初めは生徒の方から手を出した可能性が高いです。

とはいえ、それに対して大人が本気で返すのもどうかと思いますが

一方的な体罰というより生徒と教師のケンカのような印象を受けますね。

しかし「うるせー、デブ」と連呼したことことから、

教師も感情で動いてしまっているとも思えます。

大人でましてや指導者なのですから

そこはグッと飲み込んで欲しいですよね。


スポンサーリンク



学校名や教師の名前は?

現在、この問題が起こった学校の名前は発表されておりません。

横須賀には中学校が23校ありますので

その中のどれかだとは思いますが・・・

横須賀には過去にも体罰事件が起こっています。

2013年の体育祭の練習時に発生した体罰事件では賠償金が発生し

市が損害賠償として32万3680円を支払ったということもありました。

同じく当事件の教師の名前も未だ発表されておりません。

警察沙汰にならない限り発表はされないでしょうから

生徒側も警察に通報しない辺り

あまり事を大きくしたくないと考えていると思われます。

教師の処分も指導のみですから、発表はされていませんが、

一定の体罰が仕方ない部分があったのかもしれません。

 

最後に

当然、体罰はいけないことですが、生徒から髪の毛をつかまれたとなっては

口だけでなんとかなるのでしょうか?

公立中学校の一部はどうしても問題児が発生し

多くの生徒に迷惑をかけることが多いです。

すぐに殴るのは良くないですが、どうしてもの時は少しくらい

仕方ないのではないかと筆者は考えます。

教師が威厳をなくし、学校が勉強出来る環境でなくなることが

一番いけないことではないのでしょうか。

関連記事

⇒【クーラーボックスに遺体】1歳男児を「車に一晩放置してホテルへ」

⇒【増え続ける児童虐待】なくならない根本的な理由が明らかに。


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!