消防士が消火後に自撮りをSNSにアップした。結果、3万6000イイね!その理由とは!?

  • LINEで送る

アメリカの消防士が消火後に撮影した自撮りの写真が36,000以上の「いいね!」を獲得し、大人気の写真となりネットで話題に。その写真に隠されたエピソードとは!?


スポンサーリンク



なぜ36.000以上のいいねがついたのか?

人気の出る自撮りと言えば、大抵は有名人が撮ったものや、キレイな女性が写っているものなど、見た目に分かりやすい特徴があるものばかりです。
しかし、この写真は全くもって華やかでない上に、特に目立つポイントもない。写っているのは男性ばかりで、むしろ男臭い写真です。

ところがこの写真は、3万6000以上の「いいね!」を獲得した大人気の写真なのです。その理由は、写真に隠されたエピソードにあります!

現場はアメリカで発生した大規模火災

2014年5月14日、アメリカ・カリフォルニア州サンマルコス近辺で、火災が発生。火は風に乗って広範囲に広がり、数日間に渡って燃え続けることになりました。

結果的に約2000エーカーが延焼したというから、240万坪以上が燃えたことになります。いかに大規模な火災であったことが分かるでしょう。

当然ながら、大勢の消防士が投入され、消火活動にあたることに。その中の1人に、ティム・バーゴンさんがいました。


スポンサーリンク



やっとひと段落…

終わりの見えなかった、悪夢のような大規模火災・・・

しかし、大勢の消防士さん達の大変な活躍のおかげで消火活動は一段落!

猛暑の中、重装備で寝ずに働いてきた消防士たちはもうクタクタです。

ほとんどの消防士さん達が疲労困憊。

その場で倒れこみ、横になっていました。

そんな中、ティム・バートンさんはおもむろにスマートフォンをポケットから取り出し、満面の笑みで自分自身を「パシャリ!」

そして、すぐさまSNSへ投稿。

徹夜で何日も消火活動を行ってきたティム・バートンさん。

他の消防隊員同様、すぐにでも倒れこんでしまうほどとっても疲れてはずですよね。

にもかかわらず、笑顔を浮かべて自撮りを始めSNSに投稿するなんて・・・

その理由に全米が涙!

彼がSNSに自撮りをアップした理由。それは・・・

「愛する息子や家族に、自分の無事を知らせたかったから」

消防士さんの仕事には危険がいっぱい。

自分の身の危険を顧みず、消火活動に励んでくれた消防士さん達。

ティム・バートンさんの後ろにいる沢山の消防士さんが倒れこんでいる様子から、消防活動がいかに大変なものであったかが伝わると思います。

36000の「いいね!」には、そんな彼らへの「ありがとう」の気持ちが込められていたのでした。

常に危険と隣り合わせの仕事をする「勇敢なパパ」の心温まるエピソードですね。


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る