子供は5分で解ける?大人が解けない算数の問題。

  • LINEで送る

子供が解けるのに大人にはわからない算数の問題がネットで話題になっています。お子さんがいらっしゃる方はぜひ一緒にやってみてください!



スポンサーリンク




頭が良い人ほど解けない問題!?

 

幼稚園児でも5~10分ほどで答えが出てくるこの問題は、高学歴の大人や頭脳労働職のプログラマーが解こうとすると、1時間以上もかかることで有名だそうです。

 

【SNSユーザーの反応】
・この問題を短時間で解けるってことは、柔軟な発想ができるって意味だよね?

・法則性とか考えだしちゃったら、もう負けなんだと思う!

・物事を難しく考える人には、一生解けない問題なんだろうなぁ~

SNS上では、この問題のヒントを掲載している人たちもたくさんいます。

その中でも多いヒントは、「園児は計算をしない」ということです。

計算や法則性、知識などを使わずに、見た目や直感という「左脳」を上手に使うと案外簡単に解ける問題と言えそうです。

 

 

答えは...2

(〇の数はいくつあるか?という問題でした)

東大卒・菊川玲さんも解けなかった小学生向けの問題

 

香港の小学校から出題された入試問題が、中国のニュースメディアやSNSで話題になっています。

この問題は、駐車場に停まった1台の自動車の下に隠されている「数字」を当てるという内容です。

16、06、68、88、??、98という数字に規則性を見出そうとすると、絶対に解けることはありません。

イギリスのニュースメディアによると、この問題はデヴィッド・ボディコームというパズル作家によって作られたものなのだとか。

単純に「問題用紙をひっくり返せば答えが出てくる」という問題となりますが、いつも脳活ジョニーをスラスラと解いている菊川怜さんでも、降参してしまったようです。

【SNSユーザの反応】
・20秒で解けないと、小学生以下らしい!

・めっちゃ難しいよーーー!!!

・わかる人には、わかる問題

・頭を柔軟にして考えてみて!

 

答えは...87

(逆さまにみるとわかりますよ)


スポンサーリンク




図形の問題が難しすぎる!

 

小学校4年生の娘さんの宿題を見て驚いたお父さんが、Twitterに投稿した問題です。

お父さんも解けなかったというこの問題は、「グリッドを利用して長方形を三角形に分ける」という少し特殊な手法を用います。

小学校4年生用ということで、もちろん平方根は使えません。

幼児教育で使うようなパズル感覚で図形を分解できるお子さんには、意外と簡単に解ける問題となっていますが、難題に対して「知識で対抗しよう!」と考える大人にとってはなかなか解けない内容と言えそうです。

答えはこちら↓

 

まとめ

今回はネット上で話題になっている、「子どもが解けて、大人が解けない問題」を3つご紹介しました。

たくさんの知識や経験のある大人は頭が固くなり、子どものように「物事を柔軟に分析すること」が難しくなっているようです。

また子どもたちは素直さもありますので、シンプルかつ直感的に物事を考えるからこそ解ける問題でもあるとおもいます。

みなさんは何問わかりましたか?ちなみに筆者は1問もわかりませんでした...(笑)


スポンサーリンク




人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る