最近のパチンコ屋の無料サービスが凄い。その裏側で起こっているのは?

都会の駅に行くと必ず数店舗あるパチンコ屋。

一昔前に比べて数は減りましたが、最近はどのような無料サービスが充実しているのでしょうか?



スポンサーリンク




  • 綺麗なトイレ
  • おしぼり
  • 駐輪場・駐車場
  • 無料ロッカー
  • Wi-Fi
  • 携帯電話の充電
  • エアーカーテン
  • 漫画読み放題
  • テレビ見放題
  • マッサージチェア
  • 銀行ATM
  • 送迎バス
  • 座布団・毛布貸出
  • レンタル傘

などなど凄いですね。

なぜこれらが無料でできるのか?

簡単に言えばそれだけ売り上げが凄いということですね。

パチンコはギャンブルではなく遊戯?

パチンコは建前では完全に遊戯となっています。

競馬や競艇などの公営ギャンブルは換金できるのにパチンコは換金ができません。

警視庁も換金が行われているのは知らないみたいです。(サムネイル画像参照)

 

「日本において賭博は刑法で禁じられており、特別法で認められた公営ギャンブル等を除けば金銭を賭けた賭け事を実施することはできない」となっています。

なので、パチンコで出た出玉は一度ペンダントや文鎮と呼ばれる特殊景品に交換されます。

その特殊景品をパチンコ屋の近くにある景品交換所に持っていくと、特殊景品を古物である景品交換所が現金で買い取るのである。

この方式は三点方式と呼ばれており、実質法の抜け道なのである。


スポンサーリンク




カジノ法案可決でパチンコ屋は潰れる?

先日カジノ法案が通りましたが、これにより弱小パチンコ屋は潰れると言われております。

もともと2020年の東京オリンピックまでに景観を良くするために店舗数を減らす動きがみられましたが、

今回のカジノ法案で大手以外はますます減っていく可能性があります。

 

近年ではイベントの禁止、ライターの来店禁止(都道府県によって異なる)、

等価交換の禁止、射幸心を煽る一撃台の禁止、など規制は強くなる一方です。

 

年々遊戯する人口も減り、人件費や最新台の頻繁な入れ替え、

などでパチンコ屋は出玉を出すに出せなくなっているみたいです。

遊戯人口は減っても利益は上げなければならないので出せなくなるのは当然ですね。

昔はパチプロと呼ばれる人々が居ましたが、最近ではほとんど耳にしません。

 

おわりに

パチンコ屋の最近のサービスは確かに充実しています。

その裏側は、お客が負けたお金でそういうサービスを提供しているわけです。

 

カジノ法案が通り、パチンコ・パチスロ台を作っているメーカー(SANKYOやSammy)等は、

カジノのスロットの制作を担当する可能性が高いのでまだまだ潰れないでしょうが、

パチンコ屋は大手以外、これからもどんどん潰れていく傾向になると筆者は思います。


スポンサーリンク




人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!