ピンチに役立つ遅刻言い訳。寝坊してもコレで安心

  • LINEで送る

完全に遅刻してもう絶対に間に合わない!となったら、すみやかに会社へ報告するのが義務です。 言い訳や理由を考えるより、とにかくまずは遅刻の報告からです。 それでは、そのように上司に遅刻の連絡をする際に気をつけておきたいマナーはあるのでしょうか?


スポンサーリンク



報告はすぐに電話で遅刻をする理由もしっかりと伝える

まず、遅刻が確定した時点ですぐに会社へ連絡をするのが、ビジネスマナーです。
寝坊であれ、電車の遅延であれ、遅刻がわかった時点で速やかに会社に「電話で」連絡しましょう。
原則メールを使うのはNGです。
上司がまだ会社に着いていない場合もあるので、できれば会社と上司の携帯どちらにも連絡するのがいいです。
その中で、上司が通勤途中で、電話がとれないのがわかっていれば、メールで遅刻の連絡はOKです。
ただし、それぞれの職場のルールもあると思います。そういった遅刻した時のルールがあればその遅刻ルールに従いましょう。

寝坊で遅刻する際に言い訳するなら「体調不良」が無難

社会人である以上、寝坊で遅刻したとはなかなか言い出しづらいものです。
そんな時、寝坊での遅刻の理由は「体調不良」だったする場合が無難な言い訳です。
ただ、風邪などの症状が分かりやすい病気はややリスクが。適度に疑われないよう、嘘を突き通せるものにとどめましょう
あまりよろしくない話ですが、遅刻したときの言い訳や理由については予め用意しておく方が、いざ寝坊等で遅刻をする際に連絡で何を言うかでバタバタしなくてすみます。

寝坊で遅刻をしてしまった時に、体調不良を理由にして言い訳する場合に、効果的な一文を紹介していきます。

「腹痛に襲われて、途中下車してトイレで格闘していました」
「朝起きたら親知らずが痛くて歯医者にいっていました」
「起きた瞬間、ギックリ腰になったため、遅刻します」
「朝起きたら、足がつっていたため、遅刻します
「かかとで靴擦れをおこしたため、遅刻します」

こういったものは、体調不良を理由にした遅刻の言い訳としては使えます。
とはいえ、あまり大げさなものだとかえって嘘だと思われたり、逆に心配されてその後も演技が強いられてしまいますので、その辺も気をつけていきましょう。


スポンサーリンク



病気を装う自信がないなら「忘れ物」や「落し物」という口実も

「電車の中で携帯を落として…」
「痴漢に間違えられまして…」
「近所の家に空き巣の被害にあったようで、朝に警官に事情聴取されていました」
「朝一でご近所トラブルがあって、その対応を自宅でしていました」
「自転車がパンクしてしまい」
「入館証を忘れたため、遅刻します」
「途中で定期券を落としてしまったため、遅刻します」
「目覚まし時計の電池が切れていたため、遅刻します」

などなど、こういった理由であれば何となくでも、会社の人もツッコミづらく遅刻の言い訳として成立するでしょう。

 

遅刻などでも下手に嘘をつくとかえって苦しい

下手に嘘をつくと、嘘に嘘を重ねることになって後々に苦しくなってしまい、面倒事にになりますし、嘘の通せるような性格ではない限りは、嘘を突き通すのは難しいでしょう。
遅刻をするのは良くないことですが、遅刻しただけでついた些細な嘘によって、人間関係などが壊れてしまうのは勿体ないのです。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、寝坊で遅刻した時の理由と、上司への報告マナーについて紹介しました。
寝坊しないのはもちろん社会人として大切ですが、万が一寝坊して遅刻してしまったとき、社会人としてどのような言動をすればベストか日ごろから考えておくと、いざというとき慌てずに済むでしょう。


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る