【恐怖】日本の不気味な未解決事件

日本の治安を見ればわかる通り、日本の警察は優秀と言われています。しかしその優秀な警察でも未だに解決出来ていない凶悪な事件が数件ありますので特に不気味な事件を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク



 

福島女性教員宅便槽内怪死事件

 

この事件は平成元年に起こった意味不明の事件です。その概要がこちら

平成元年2月28日の18時ごろ、村内の小学校に勤める女性教員のAさん(23)が、
女性は教員住宅に帰宅し、トイレに入って何気なく中を覗くと靴のようなものが見える。
驚いて外の汲み取り口へ周ると蓋が開いていて、中を覗くと人間の足が見える。
Aさんはすぐに教頭先生ほか同僚の教員を呼び、同僚の先生が警察へ通報した。
まず近くの駐在から警官が駆け付け、続いて村の消防団員と三春署員が到着した。
署員らは便槽から中の人物を引っ張りだそうとするが狭くて出すことができず、
周りを重機で掘り起こし、便槽を壊してどうにか出すことができた。
(便槽は後にSさんの父親が復元して保存している)
便槽の中の人物はすでに死亡していた。遺体は真冬というのに上半身裸で、
着ていた上着を胸に抱えて膝を折り、顔をやや左に傾けた形で固まっていた

どう考えても人が入ることが出来ない場所に遺体があったというなんとも気味が悪い事件です。

その便器の寸法図も添付しておきます。

 

 

長岡京殺人事件

こちらも不気味な事件です。もちろん未解決ですしなにより被害者が残したと思われるメモが

怖すぎます。。。その概要がこちら

 

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦二人が、

仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり

2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。
直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。

二人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。

検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから二時半までと判明。
どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから
“オワレている たすけて下さい この男の人わるい人”
と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシートが発見される。

 

上記にもあるレシートの裏のメモがこちらです。

恐ろしいですね。。。想像できない恐怖に襲われているのが

文字の書き方からわかります。

 


スポンサーリンク




井の頭公園バラバラ殺人事件

この事件は2009年に既に時効が成立しています。

タイトルからしても恐ろしい事件ですがその概要は

井の頭公園のゴミ箱に、人の足首が捨てられているのを清掃員の女性が発見した。
駆けつけた警察官らが公園一帯のゴミ箱を捜索したところ、計27個に分断された手足
胴体の一部が発見された。

また手足の指紋もすべて削り取られていた。
2008年5月現在、犯人の特定には至っておらず、未解決となっている。
被害者は東京都高井戸の某宗教施設に通っており
その宗教団体と何らかの関わりがあるともいわれている。

実はこの事件、時効の6年後に新たな証言があり

この被害者と瓜二つの容姿をした露天商の元締め(ヤクザ?)が近くに住んでいたそうです。

この元締めは当時縄張り争いの真っただ中だったことから

人違い殺人だったのでは?と今更ながら言われていますね。。。

 

 

いかがでしょうか?

治安が良いと言われている日本でも不気味な事件が多くあるものです。

夜道の一人歩きはくれぐれもお気をつけて・・・・


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!