時間がなくてもOK。筋トレは“1日3分”でいいらしい!

だらしない身体を引き締めたい…と思ったら“1日3分”だけ筋トレをしましょう。筋トレは短時間でも効果があり、長時間やればいいというものではないのです。


スポンサーリンク




社会人なら忙しくて筋トレする時間がないかもしれません。

しかし“1日3分”でも引き締まった身体になることができるのです。

やり方にもよりますが、腹筋100回であれば3分あれば十分にできます。

筋トレで効率よく筋力をアップさせるには、ギリギリできる強度を短時間でやることが、もっとも効果的なトレーニング方法です。

 

逆立ち

筋トレでおすすめなのは逆立ちです。

逆立ちをすると、腕・肩・上半身の筋肉を満遍なく使ううえに筋トレよりも効果的なのです。

その理由は、バランスを保とうとするとインナーマッスルが鍛えられるので、引き締まったボディになれるのです。

逆立ちダイエットは、筋肉を増強するとともに基礎代謝を高めることでダイエット向きの体質になれるといいます。

 

縄跳び風屈伸

これは縄跳びを使いません。

縄跳びの要領で足を屈伸させるだけで、下半身の筋肉をアップさせることができます。

エネルギーをより消費するために、準備運動のような数回程度のものではなく、3分ほど続ければ効果的です。


スポンサーリンク



 

サーキットトレーニング

無酸素運動(腹筋トレや腕立て伏せ、筋トレなど)を30秒行い、

その後つづけて有酸素運動(ウォーキングや足踏みなど)を30秒行います。

有酸素運動は、その場でのジョギング、腕を振っての足踏みなどでよいでしょう。

ただし呼吸だけは止めてはいけません。

最初から最後まで休息をとらずに行うことにより、持続して負荷が加わることになります。

これによって、筋力の増大と同時に全身の持久力の養成につながります。

 

水平足踏み

その場で足踏みをするだけですが、太ももの部分が地面と水平になるまで持ち上げます。

あまり多い回数やることに拘らず、しっかりと高く上げることが大事です。

朝晩、歯を磨きながら足踏みするのが習慣づけるのが良いかもしれません。

 

スーパーマンのポーズ

スーパーマンのポーズは脊椎を支える筋肉を強化するエクササイズなので、腰の痛い人にもいいエクササイズです。

お尻はもちろん、背中や腿の裏側なども鍛えることができる筋力トレーニングです。

背中を反りすぎないで、お尻の筋肉を意識して行うことが大切です。

このスーパーマンポーズ、誰でも簡単にできるが本気でやるとけっこうキツイです。

一週間も続ければ、確実に効果の感触を実感できるでしょう。

 

おわりに

いかがったでしょうか?

あとは自分のやる気を出して習慣づけるだけです。

筋トレ習慣は自分の為にもなるし、将来寝たきり予防にもります。

家族に迷惑をかけなくて済むかもしれない、医療費の削減にもなるのでオススメです!

関連記事

⇒【女子の本音】女性の87%が男の○○が好きと回答!

 


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!