【先進国?】日本が世界最低レベルなポイント5つまとめてみた。

日本は先進国ですが、他の先進国に比べて劣っている事柄をリサーチしました。「大丈夫かよ日本・・・(゚Д゚;)」


スポンサーリンク



英語レベル

 

日本の成績は51.69ポイントで35位。昨年の30位から5位下がり、

調査開始からの6年間で英語能力が低下していることが明らかになりました。

2020年東京五輪は目前、日本の英語力をどう向上させるべきか

「今、日本は2020年東京オリンピックの開催に向けてさまざまな準備しており、国にとって重要な段階にある。オリンピック開催国では、『どうやって世界とコミュニケーションを取るか』が重要になり、語学学習への関心も高まる。公の政策に英語教育促進へのプレッシャーを与える良い機会にもなるだろう」(Dr. クリストファー・マコーミック)

出生率

 

色々調べた結果、夫婦からの出生率低下の原因については、以下の3つが原因です。

結婚率の低下

晩婚化による出生率低下

夫婦の出産数の低下

経済的に余裕がなく、結婚しない人も増えてきているので妥当な結果だと思います。

 

スマートフォン普及率

日本はガラパゴスケータイ(ガラケー)が主流でした。

なのでスマートフォンに移行するのが出遅れたのでしょう。

日本は高齢社会なので高齢の方はガラケーの割合が多いです。

あとは法人市場はガラケーが占めているのでそれも原因と思われます。


スポンサーリンク



 

睡眠時間

世界的に見ても短い日本人の平均睡眠時間は、年々短くなっています。

24時間営業のお店や、パソコン・スマートフォンの普及によって生活の夜型化が進み、就寝時間が次第に遅くなっていることが原因のひとつだと考えられています。

そしてもう一つの原因は、日本人の睡眠に対する意識の低さだと考えられます。

海外では子供から高齢者まで対象別に睡眠教育が行われていることも珍しくありませんが、日本では幼稚園から大学までどの段階を見ても、専門学部を除くと系統的な睡眠教育が行われていません。

日本は睡眠という分野において海外から大きく遅れをとっています。

 

有給休暇消化率

日本は、3年ぶりに世界で有休消化率が最下位になりました。

2014年、2015年ワーストだった韓国を3%下回りました

有休消化率が世界一低いにも関わらず、「休みが不足している」と感じる人は約3割で世界一休みを欲しがっていないことがわかりました。

なお、休み不足と感じる人が最も多かったスペインは、30日も付与されている上に有休消化率は100%ですが、現状の支給日数にも満足していないという人が68%いました。

 

おわりに

かつてものづくり大国と呼ばれていた日本。

ここまでくるともう先進国ではないのかもしれませんね。


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!