【お米で回復!?】水没したスマホを復活させる意外な方法!

スマホを水没させてしまって困った・・・なんてことはみなさん1度はあるんじゃないでしょうか?今回はそんな困ったときにつかえる意外な方法をご紹介します。



スポンサーリンク




水没の場合高額な修理費用が掛かる

例えばiPhoneの場合、契約しているキャリアにもよりますが、本体交換修理の場合約3万円~4万円ほどの修理費用が掛かってしまいます。

ケアサービスに加入していれば、安く済む場合もありますが、加入していない人もたくさんいると思います。

いきなりの水没で高額な出費や無駄な時間を取られるのは避けたいですよね・・・

お米で回復させる!?

スマホを使っていた時に「お風呂に落としてしまった」

「ビールをこぼした際に掛かってしまった」「トイレにポチャンと落ちてしまった」

・・・等々、あるかと思います。

私自身もスマホを落としたことがあるので、気持ちはよく分かるのですが、

そんなスマホを意外なモノで治す方法があるようです。

それが、そう“米”です。

というわけで今回は、

水没したスマホをお米で治す方法について、解説していきます。

スマホを米に付ける前にやること

まずやることは、以下の通り。

スマホの電源ボタンを長押しして電源をオフにする。

イヤホンやUSBケーブルを外す。

スマホのケースも外すティッシュなどで満遍なく拭く。

イヤホンの部分やUSBの部分もティッシュをこより状にして拭く。


スポンサーリンク




スマホを水没後にお米で回復させる手順

まず、ジップロックの中にお米を突っ込みます。

次に、お米が満杯になったら、スマホをお米の間に入れます。

最後に、ジップロックで空気を抜きつつ、蓋をしっかり閉めたら完成です。

こんな感じ↓


このままの状態で、約1日放置します。1日経過したらスマホの状態を確認してみて、

ダメだったらもう1日放置。良ければ電源を入れてみてください。

乾いたお米がスマホの水分を吸いとり、回復する可能性が高くなるようですね!

ソフトバンクの孫社長も…

ちなみに2010年にソフトバンクの孫正義社長もiPhone4を水没させている。

その際、孫社長はドライヤーで乾かした上で、シリカゲル入りの袋に密閉したそうだ。

生米の中に埋める方法は孫社長の対処法と同じ原理だと考えられる。

どうやらシリカゲルや米の吸湿性を利用した、理にかなった方法のようです。
シリカゲルはすぐに用意するのは難しそうですが、お米は日本の家なら大抵置いてあるのですぐに実践できます。
お米に入れること自体のリスクは高くないので、水没させてしまったらとりあえず試してみても良いかもしれませんね!


スポンサーリンク




人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!