【あわや大事故!?】箱根駅伝で警視庁が失態!選手「死ぬかと思った」

  • LINEで送る

3日に行われた毎年恒例の箱根駅伝ですが、警察のミスにより、あわや大事故になる騒ぎが起こりました。その騒ぎとは・・・・?


スポンサーリンク



トラブルとは

箱根駅伝といえば、年始の恒例の行事として多くの注目を集めていますが

そこであわや大事故になるトラブルが発生しました。

そのトラブルとは、動画付きでご覧ください。

問題の動画がこちら

3日午後1時半ごろ発生。主催者の関東学生陸上競技連盟や目撃者によると、復路10区で神奈川大の選手が日比谷交差点(千代田区)を通過しようとした際、左から横断する車列が途切れず、選手とワゴン車が衝突しそうになった。直前で選手が速度を緩め、レースは続行した。

選手の約50メートル後ろを走る車に乗っていた神奈川大の大後(だいご)栄治監督は「通過する直前になっても車が横切っていた。事故にならず、何とかゴールしてくれてよかった」と話した。レース後にあった監督らの会議で状況を説明し、「タイミングが悪ければ箱根駅伝の存続が危ぶまれる事態だった」と発言したという。

 

 

なぜそんなことが起こったのか

その交差点では選手の通過に合わせて断続的に車を止める規制をしていました。

その手順は手前の地点で通過を確認した警察官が

交差点にいる警察官に無線で連絡し、規制するというものでした。

神奈川大の選手の時は、通過の連絡はしたが連携がうまくいかず、

そこでミスが発生してしまい、東に進む3車線が規制されませんでした。

対向車線は止まっていたので他の選手が通過した際は、問題はなかったそうです。

当たりそうになったのは神奈川大学の中神選手で同選手のツイッターでは

自身のTwitterで

「俺が車に轢かれそうになってる動画出回っててワロタ」

と冗談交じりでツイートした上で

「命の危険を感じたので止まっちゃいました」

と投稿しました。


スポンサーリンク



 

ネットの反応

なんでも「再発防止に努める」って発表すりゃあ済むと思ってんだろうな。

映像みたけど怖すぎる。少しでも接触してたら大変なことになってたよ

車なんかコースから完全に閉め出せよ
通したり止めたりしてるからだろ警視庁のアホが
この糞ワゴン車は大した用もねえくせに走ってんだからよ。

1月3日なんて世の中活動し始めてるんだから、元日スタートにして一定時間全面通行止めにしろよ

 

最後に

毎年恒例の箱根駅伝で、このようなミスのせいで

選手に影響を与えてしまったことは

それどころかもう少しで選手がケガをするところだったことは

起こってしまったのは非常に残念です。

今後はないようにしっかり計画してほしいですね。


スポンサーリンク



 

人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る