当てはまると貧乏!?お金持ちになれない人の残念な7の特徴

  • LINEで送る

お金持ちになれる人、なれない人の間には一体どんな違いがあるのでしょうか?裕福な人は独特の“お金持ち思考”を持っているといいます。そこで、お金持ちから遠ざけてしまいがちな意外な習慣や残念な特徴をご紹介していきます。



スポンサーリンク




「お金持ちになりたい」と口で言うだけ

みなさんは、お金持ちになりたいと思った時に、徹底的に“お金持ちになる”ことを考えていますか?

お金持ちになるための第一歩。それは、商売のこと、お金儲けのことをずっと考えつづけることです。

お金持ちになりたいのであれば、まずは「お金持ちとは?お金儲けとは?億万長者とは?」といったことで、頭の中をいっぱいにすることから始めてみましょう。

 

ジャンクフードをよく食べる

裕福ではない人の97%もの人にジャンクフードを食べる傾向があるのに対して、裕福な人の70%がジャンクフードは食べないという調査結果があります。

ジャンクフードの食べすぎは、健康や美容へも影響がありますし、病気になれば医療費もかかるので、注意したいですね。

 

他力本願でお金持ちになりたがる

普通の人は、宝くじを買ったり、玉の輿に乗ることを夢見たりするなど、他力本願でお金持ちになりたがるようです。

しかし、お金持ちは自分で商売を始めたり、投資をしたりして、自分の力で財産を築こうとします。


スポンサーリンク





 

すぐ嫉妬する

いい家に住んでいる、いい車に乗っている、海外旅行に頻繁に行っているなど、セレブ生活をしている人を見た時に、アナタはどういった心持ちになりますか?

贅沢をしている人を見て、嫉妬を抱いて「あいつらを引きずり下ろしたい」などと考えてはいけません

素直に憧れて「オレも同じように成功してやる」「えらくなってやる」というポジティブ・ワードを思い浮かべましょう。

 

貯金好き

貯金することも大事ですが、銀行預金の残高ばかりを気にしていては、本末転倒なことにもなりかねません。

お金持ちは、「これは投資するだけの価値がある」「今こそがビジネスチャンスだ」と閃いたら、貯金を切り崩して攻勢に出るリスクを厭わないといいます。

予測が外れて、貯金がゼロになっても、彼らにとって無駄にはなりません。

彼らは失敗から教訓を得て、それを次回のより大きな儲けのチャンスに生かそうとします。

 

目標を低く設定する

失敗したときに傷つきたくないから、わざと低い目標しか設定しません。

お金持ちは高い目標を掲げて、それに向かって力強く進んでいきます。

 

ものごとを先延ばしにしてしまう

ゴールを設定し、ものごとを成し遂げる習慣も大切です。

先延ばしにしそうになったら、「すぐにやる」と自分自身に言いきかせましょう。

何かの目標を立て、そこに向かって成し遂げることは“よい習慣”になります。


スポンサーリンク




人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る