これって便秘?

  • LINEで送る

「便秘」といっても、いろいろあります。

便秘とは無縁。そう思っている方、もしかしたら便秘かもしれませんよ!!

どんな症状が便秘なのでしょうか・・・・



スポンサーリンク



便秘の症状

お腹が張る、お腹が痛い、何日も便が出ない、便が硬く、出すときに強くいきむと言う場合は便秘といえるでしょう。

体質だから仕方ないと悩んでいませんか?

一般的に、排便が週に3回未満が便秘とされる状態の目安で、排便回数は個人差が大きいといわれています。

食べ物を消化吸収して便ができるのは、主に腸の働きによります。

腸が活発に働いていれば1日3回~週に3日程度、蠕動(ぜんどう)運動が起こり排便があるといわれています。

強くいきまないと便が出ない、便意はあるのになかなか出ない、スッキリせず、まだ残っている感じがするなど

便秘の方によく見られる症状ですね。

直腸瘤などの病気を除き、腸の働きの低下や便の硬さ・大きさなどの変化によりおこります。

お腹にガスがたまっているみたい、お腹の下のほうが痛む、お腹が張って苦しいなども便秘と言えるでしょう。

腹痛やお腹の張りといった症状は排便回数の減少によりあらわれることが多く、腸の働きの低下や腸の中に便がたまることでおこります。

頻回便といって一度にたくさん便が出ず、コロコロした硬い便が少量ずつ1日に何度も出る頻回便も、便秘の一種です。

硬くて小さな便のほうが排便しやすいと思われがちですが、排便しやすい便はやわらかくて大きな形状のものです。

便秘とは一見関係がないように思われる頭痛、胃痛といった症状もでます。

便秘はストレスとの関連が大きいといわれています。

便秘に悩んでいる方は多い

便秘は女性に多く、また高齢になるほど増加します。

便秘の方の中には、病院で過敏性腸症候群(IBS)と診断される方もいます。IBSとは、特に原因とな

るものがないにも関わらず、便秘または下痢をくりかえす病気です。

そのほかにも、大腸がんにも気をつけたほうがいいと言えます。

大腸がんは大腸の粘膜にできる悪性の腫瘍で、40~50代から増加し、高齢になるほど高いといわれています。

また、大腸がんによる死亡率は1950年代以降増加していて、現在、がんによる死因として女性で第1位、男性で第3位を占めているようです。

便に血が混じることがある、細い便が多い、40~50代になってから、便秘になったなどの状態が多いようです。

なかでも、血便が特に多く、痔(じ)の場合にも同じような状態がみられるため、放っておかずに早めに病医院を受診することをおすすめします。

原因がはっきりしているものとしていないもの


スポンサーリンク




便秘には2種類あります。

まず、原因がはっきりしているもの

● 消化器官の病気が原因の便秘(器質性便秘)

● 内科的な病気が原因の便秘(症候性便秘)

● お薬の服用が原因の便秘(薬剤性便秘)

はっきりしていないもの

● 生活習慣病やストレスタイプ(機能性便秘)

● 腹痛・腹部不快感をくりかえすタイプ(便秘型IBS)

などがあげられます。

上記意外にも直腸、肛門付近の筋肉や感覚が弱っている、食事量、水分が足りていない、大腸の動きが弱くなっている、

病気で腸管が狭くなっている、病気で腸の一部に異常がおきているなど、原因だけでもたくさんあります。

便秘の治療法

病院で処方されるお薬による治療(薬物療法)、運動や排便習慣などへの生活指導、食事や飲み物への指導(食事療法)が中心となります。

処方される薬の主なものは下剤、抗コリン薬、クロライドチャネルアクチベーター、漢方になります。

生活指導では、食事、排便、睡眠、運動など、規則正しい生活習慣を身につけるための指導が行われ、

また、毎日トイレに行く、トイレのための時間を十分にとる、適切な排便姿勢(前傾姿勢)をとるなど、排便習慣をつけることも大切になってきます。

適度な運動は自律神経のバランスを整え、腸管の働きを調節するとゆうメリットがあります。

また、朝食をとること、1日3回バランスのよい食事をとることなど、食生活への指導もあります。

水分を十分にとること、野菜や果物などの食物繊維や、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食材をとることも効果的なようです。

心理療法と言って悩みやストレス、緊張、忙しく不規則な生活などがないか、心身や生活の状態を見直し、ストレス解消ができる療法もあります。

リラックスした状態となると副交感神経が優位な状態になると言われており、腸の働きが整えられるみたいです。

まとめ

便秘ではいろいろな原因があるみたいですね。病気の恐れもあるかもしれないので自己判断せず、

医師による適切な診断・治療を受けることが大切ですね。便秘の症状に関する不満や不安を解消するためにも、まずは医師に相談してみましょう。

目指せ、整った腸内環境ですね!!

 

 

 


スポンサーリンク



人気記事一覧

よかったらいいね・シェアお願いします!

  • LINEで送る